ギフトとプレゼントの違い

ギフトは贈り物のことを言います。

人に差し上げるという意味で使います。ではプレゼントとはどう違うのでしょう。こちらも贈り物を意味しますが、一般的にギフトのほうが、やや改まった言い方になります。

夏の贈り物、冬の贈り物、お祝いの贈り物など、格式ばった使い方をします。目上の方やお世話になった上司などに、敬意をもって贈りますという表現方法です。

他には冠婚葬祭の贈り物などにも使います。プレゼントは親しみを込めた贈り物として使うのが一般的です。クリスマスのプレゼント、お誕生日のプレゼントなど、友人や恋人への愛情の表現として使われます。

そうするとプレゼントのほうが、心がこもっているような感じを受けますが、これは日本独特の考え方です。外国では違った意味で理解されているようです。

ギフトは上の者から下の者に贈る、プレゼントは下の者から上の者に贈る、というように使われています。しかし実際には日本でも、外国でもそれほど細かい区切りはありません。

贈り物はもらう側に立つと嬉しいものですが、いくつも同じ商品をいただいたり、趣味のあわない装飾品など、困ってしまう場合もよくあります。

これは贈る側にとっても問題で、喜んでくれるか、他のものより見劣りしないかなど、頭を悩ましながら商品を選ばなくてはいけません。でもそういうときに便利なのがカタログギフトです。

もらう側に商品を選んでもらい、それを贈り物にできるので、双方が納得のいく形になります。ギフトにしてもプレゼントにしても、心を込めて送ったものを相手に喜んでもらえるのが一番です。

お歳暮についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です