お歳暮で感謝の気持ちを伝えよう

お歳暮に頭を悩ませる方は少なくないのではないでしょうか。

誰に贈ればいいか、何を贈れば喜ばれるのか、いっそこんな行事なくなってしまった方が楽だ!という方もいるかもしれません。ですが、発想を逆転させてください。

お歳暮の意味とマナーを知ればお世話になった方に感謝の気持ちを伝えるチャンスとして活用できます。まず、いつ贈ればいいかということです。

関東、関西で違いはありますが、7月初旬から8月中旬までに贈るのが一般的です。この期間より前や後に贈るのはマナー違反なのでしょうか?大丈夫です。

期間前に贈る場合は、暑中見舞いとして、期間後に贈る場合は、残暑見舞いとして贈れば失礼にはあたりません。次にお歳暮との違いについてです。

お歳暮は「一年間お世話になった方」に贈るものです。一方お歳暮は「夏までにお世話になった方に」贈ります。ですから、お歳暮として贈るものにはそうめんやゼリー、ビールなど夏を快適に乗り切ってほしいという思いが込められています。

お歳暮は冬に贈るのが一般的です。年の瀬に近いので、家族みんなで食べられるウィンナー、ソーセージなどが人気です。もしどちらも贈る余裕がない、という場合は、お歳暮を贈った方が良いでしょう。いかがでしょうか。

お歳暮を面倒な行事と思わず、感謝を伝えられるチャンスと考えれば、自分自身の株をあげることもできます。相手の喜ぶ顔を考えながら贈り物を考えるのも、楽しいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です